「転職達成」がゴールと考えてはいけない

達成で燃え尽きてしまう

 

 その転職の為に、様々な情報を収集し、履歴書を書き応募し、面接を行い、採用の通知・・・転職が成功し本当に喜ばしい事でしょう。ですが、ここで燃え尽きてはいけません。転職自体がゴールではないのです。いくら転職の為に努力し邁進していても、その後転職先の企業で結果を出さなければ意味はないのです。

 

 「転職してしまえばこっちのもの」「転職活動で力を使い果たした」と思うような方は、間違いなく近い内に淘汰されてしまう事でしょう。それを意識していなくても、仕事ぶりで判断されてしまう事もあります。燃え尽き症候群は言い訳にはなりません。

 

これからその仕事をするという事

 

 これからあなたは、その企業でそれこそ骨を埋める気持ちで働いていかなければなりません。転職活動の期間より、転職後の仕事の方が比較にならないくらいの期間になる事など、あえて言わずとも理解出来る筈です。

 

 何事も最初が肝心です。燃え尽きた為に、転職後の序盤は力が出せなかった・・・こんなものは甘えでしかありません。そうなれば企業や配置された部署の、あなたに対する第一印象は最悪なものになるでしょう。そして、今後長くその企業で働いていく為の足枷にしかなりません。「転職の本質」を見失ってはいけないのです。

 

人気記事

 

おすすめサイト
中高年の就職応援サイト
中高年が転職や再就職を達成するためのノウハウ