転職時に明暗を分ける質問力について

質問ほど準備が大切なことはない

 

 転職の面接時に、質問をする時間を設けられると思います。その時にしっかりと質問をすることができるかどうか、ここで明暗が分かれてしまうこともあり得るため、たかが質問と甘く見ていてはいけません。

 

 しかし、いきなり質問をと言われても、何も答えられない方も多いでしょう。だからこそ、この質問時に役立たせる準備が必要なのです。

 

事前に質問を考えておく

 

 質問をいきなり考えても、それを効果的に行える方はなかなかいません。だからこそ事前に準備をしておく必要がありますし、いかに自分がその転職先のことについて調べてきたのかを伝えるチャンスにもなります。

 

 できれば、事前に考えておく質問は一つ二つではなく、10以上の質問を目標にして考えておくとよいでしょう。

 

質問をしないと

 

 では質問をしないと、どうなるのでしょうか。その場合、面接官にもよりますが会社に興味がないと判断されるケースがあるのです。全くの質問がないのか、本当に?と考えられてしまうので、念には念を入れて質問をすることが大切なのです。

 

質問の力

 

 以上のように、質問をするとしないでは大きな違いがあるのです。質問をうっかり忘れないように、事前に考えた質問をしっかりと頭にメモしておきましょう。