人手不足が追い風に!建設業界への転職

人手不足が深刻化する建設業界

 

 長い不況と公共投資の削減により、建設業界はここ数年、縮小と再編が進行していました。労働人口も減少の一途をたどり、働き手の数はかつてないほどに落ち込んでいます。

 

 そんな中、震災と東京オリンピックの開催決定により、にわかに建設需要が急増しています。発注は増えるものの労働者は不足しており、大量の転職者が建設業界へ流入しています。

 

未経験歓迎

 

 一昔前までは、建設業界への転職というとスキルや免許が重要視されていました。何のスキルもない未経験者が転職するのは困難だったのですが、現在の人手不足は人材をえり好みできる状況ではなく、未経験者でもどんどん採用されています。

 

 転職後に業務の一環として会社負担で資格が取得できる事も多く、働きながらスキルアップを目指すことも可能です。

 

危険な作業には注意

 

 未経験者でも転職のハードルは下がっていますが、現場の作業に危険がつきものなのは以前と変わりありません。 経験不足の人材が増えれば、それだけで現場の安全は低下してしまいます。

 

 転職する時は安全意識の高さを基準に求人情報をチェックしましょう。安全講習や安全管理、研修の充実度などをチェックして、安全に働ける職場を見つけることが建築業界への転職を成功させるコツです。